自転車 廃棄

このサイトは、買い替えなどで不要になった自転車の廃棄について、その方法、料金、登録抹消のこと、タイヤの処分方法などについて紹介しています。

不法投棄・放置による自転車廃棄は、処罰されます!

放置自転車は、駐輪場以外の場所に駐輪してある自転車や、不法投棄・盗難車の乗り捨てによって所有者から手放されてしまった自転車の事です。使用しなくなった自転車を放置すると廃棄物処理法違反として処罰されるので注意が必要です。また、条例を制定している市町村の放置禁止区域に自転車を止めた場合は撤去されるので、こちらも十分注意が必要です。


自転車廃棄方法 引き取り業者に依頼

必要のなくなった自転車や、駅・駐輪場などに放置された自転車などを、無料で引き取ってくれたり買い取ってくれたりする業者があります。これらの引き取り業者に依頼すると、回収して手入れした上で、中古自転車として販売するなど、リサイクルして再び自転車としての息を復活させることが出来ます。こうする事で余分な粗大ゴミが増えずに済みますので、自転車が必要なくなった際にはこういう業者に引き取ってもらうことをおすすめします。


自転車廃棄 料金

自転車の廃棄料金は、自転車の廃棄の仕方によって異なります。駅前やスーパーなど一斉に処分する際は業者に頼むことになるでしょうから、1台あたりの相場は3,000円〜5,000円になります。自転車の撤去数が多くなると値引きしてくれるところもあるようです。また、個人で処分する場合は、業者に引き取ってもらうか自治体に粗大ごみとして扱ってもらうかで、値段が変わります。粗大ごみとして廃棄する場合は1,000円以下で処分してくれるところが多いようです。これはお住まいの役所に電話して聞いてみてください。

自転車廃棄 防犯登録の抹消

自転車を廃棄する際には、必ず防犯登録の抹消を行ってください。業者に引き取られる場合は心配は少ないと思いますが、万が一粗大ごみとして廃棄した自転車が、盗難自転車として乗り捨てられていた場合は元の所有者の責任になります。現在では自転車を購入する際に必ずと言っていいほど防犯登録をしているはずですので、これを解除してから捨てるようにしましょう。


自転車廃棄 タイヤの処分の方法

一般的に、タイヤ自体は産業廃棄物扱いになるのでごみとしては出せない事になっていますが、これは車やバイクのタイヤの事を指していることが多いようです。細かく切って捨てるのであれば不燃ごみとして出せるようですが、これは自治体によってごみの処分の仕方が違うので、役所に問い合わせてから処分した方が良さそうです。場合によっては可燃ごみとして扱っているところもあるようです。